経済政策の羅針盤

経済もしくは経済学について勉強していきます。

待機児童問題を言葉遊びで挑発する杉田水脈氏

 自民党の議員のほとんどに言えることですが、日本の家族観が昭和時代で止まっているように見えます。現在は夫がサラリーマンで妻が専業主婦の核家族というのは少数になっていて、子育て世代である若年層世代のほどんどが共働きであることを知らないようです。

そのような世間知らずの杉田水脈氏へツイッターから様々なツッコミが入っています。

 杉田氏は以前に話題になった「保育園落ちた日本死ね」から始まる待機児童問題についても産経新聞の連載でこのように発言しています。

「『あなたよりも必要度の高い人がいた』というだけのこと。言い換えれば『あなたは必要度が低いので自分で何とかしなさい』ということなのです」

 そもそも安倍内閣では。野田聖子女性活躍推進大臣を任命してM字カーブの改善に力を入れていると言われています。M字カーブとは女性の年齢別の労働人口を描いたグラフのことです。25~40歳の子育て世代で労働人口が落ち込むことからそう言われています。

f:id:aoym1234:20180212023945g:plain

第1-特-10図 女性の年齢階級別労働力率の世代による特徴 | 内閣府男女共同参画局

杉田水脈氏のこの発言は自らが崇拝する安倍首相の政策の足を引っ張るだけでしょう。日本の議会から杉田氏のような発言をする議員が無くなることを望みます。