経済学の教科書を読むブログ

経済、もしくは経済学について勉強していきます。

法律違反を推奨する武蔵野大学教授。

f:id:aoym123:20161009143546p:plain

昨日の痛ましい事件から武蔵野大学の長谷川教授があまりにも無頓着なコメントを出したことが話題です。

togetter.com

引用します。

月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない。会社業務をこなすというより、自分が請け負った仕事プロとして完遂するという強い意識があれば、残業時間など関係ない。自分起業した人は、それこそ寝袋を会社に持ち込んで、仕事に打ち込んだ時期があるはず。更にプロ意識があれば、上司を説得してでも良い成果を出せるように人的資源を獲得すべく最大の努力をすべき。それでも駄目なら、その会社組織として機能していないので、転職を考えるべき。また、転職できるプロであるべき長期的に自分への投資を続けるべき。

驚くべきは彼が法律違反を推奨していることです。上記のリンクにもありますが、労働基準法36条において労働時間の延長限度は月45時間までと決められております。それを元経営者だった長谷川教授が知らないはずがありません。

正直このような痛ましい事故の後に、このような無頓着なコメントを出すとは正気を疑いたくなります。個人的にはこのようしばき体質を容認するような経営者、もしくは経営学者、過労死させる経営者の片棒を担いでいることをもっと自覚するべきだと思います。

この件に関してとても的確なツイートをしてらっしゃる方がいたので、最後に引用したいと思います。