読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経済学の教科書を読むブログ

経済、もしくは経済学について勉強していきます。

岸博幸の「君の名は。」評論がうんこ

f:id:aoym123:20160910224445j:plain

君の名は。が大ヒットしていますが、あまりにも的外れな評論があったためここに記載しておきます。

diamond.jp

まずこの評論は「君の名は。」評論ではなく、「君の名は。を視聴する若者を評論した文章」であることを注意してください。

そしてこの文章の中でも特に疑問符が付く場所があります。

 しかし、同時に、アニメ業界の大家の人たちにこの映画の感想を聞くと意外と厳しい評価が多いのも事実です。その中でも気になるのは、「あれは映画 というより100分にわたる壮大なミュージック・クリップだ」という評価でした。個人的には、この言葉が問題の本質を的確に突いているように思います。

岸氏曰く、「君の名は。」はミュージッククリップであるそうです。そして、ミュージッククリップには、映画のような読解力は必要とせず、ミュージッククリップでは「気楽に見て気持ちよく感じる」ためにあると断言しています。

そして、ミュージッククリップを好む「最近の若者はスマホばっかり見ていてけしからん」というオジサン節が炸裂しています。

君の名は。」の大ヒットは、もしかしたら情報を受け身で流し読みするのに慣れ、またテキストの読み方が気楽で快適な“浅い読み”ばかりになったという世の中の変化を反映しているとも言えるのではないでしょうか。

(省略)

 ただ、もし「君の名は。」の大ヒットの一因として、スマホやネットの使い過ぎで多くの人の思考や行動が受け身になり、また“浅い読み”ばかりになっているとしたら、この部分はかなり深刻に憂慮しなければなりません。

最後には、「君の名は。」大ヒットの要因は「読解力が無い若者が主な視聴者層だから」という結論づけます。

そもそも映画って「気楽に見て気持ちよく感じる」ものじゃなかったっけ

タイトル通りですが、私はそもそも映画は「気楽に見て気持ちよく感じる」ものだと考えています。岸氏が例に出したジブリでさえ「カリオストロの城」や「となりのトトロ」は深い読解力は必要ありません。ぶっちゃけ深い読解力を要求しない映画の方がヒットしている印象さえ持ちます。

スマホを持つと読解力がなくなるの?

正直、岸氏のこの主張もかなりの疑問符です。スマホを持たないからといって読解力が上昇するとも思えませんし、むしろテレビの報道を鵜呑みにしてしまうような前の世代に比べると、情報のアクセスも多様化している若者のほうが多角的な見方があるように思えます。

結論:お前は「君の名は。」の何を見てたんだ!!!!!!

正直、岸氏のこの評論は内容が的外れであるのはもちろんの事、「君の名は。」をダシにして自分の言いたいことを好き勝手喋っただけの印象を持ちます。岸氏にはうんこのような批評を行うぐらいであれば、もう一度この映画を視聴し、ちゃんと「読解」して欲しいと思います。