経済学の教科書を読むブログ

経済、もしくは経済学について勉強していきます。

PCデポ社長インタビューがあまりにも無責任な件について。

お疲れ様です。現在炎上中のPCデポですが、どうやら社長のインタビューが掲載されたようです。

diamond.jp

その抜粋です。

「10台サポート加入者限定のiPadの優待」を希望されていたという経緯があります。現場の人間を擁護するわけではないですが、10台プランを推奨することは防ぎようがなかったと思います。

PCデポ社長はこのような主張をしていますが、この騒動についてライターのヨッピー氏がこのトラブルの経緯について記事を掲載しております。

bylines.news.yahoo.co.jp

その抜粋です。

その際に「父親認知症を患っているため、今後父親がこのお店に来ても私に無断で契約を結ばせるようなことはやめてほしい」と訴え、店舗側が了承したとの事で一旦は収まりました。

上記の抜粋は、最初のトラブルの時に認知症父親ひとりで契約を行うようなことはやめてほしいという旨の抜粋です。

父親の入院、老人ホームへの入居をきっかけに父親の家の荷物整理をしていたケンヂさんがこの契約に気付き、契約から8ヵ月が経った8月14日に再度PCデ ポを訪れ、契約の解除を求めたところ、冒頭の、総額20万円を超える契約解除料の支払いを求められたため、店舗側に抗議しました。

上記の抜粋は今回問題になった件についての抜粋です。

ケンジ氏の父親認知症を患っており、息子であるケンジ氏が「父親ひとりで契約を結ばないでほしい」と述べているのにもかかわらず、PCデポ側は父親ひとりで高額の契約を結ばせており、そもそもの話としてPCデポ側に責任があることは明白です。

その上で今回のインタビューで、社長は10台サービスを推奨するのは仕方がなかったと、明らかな論点ずらしを行っており。PCデポ側は問題を解決しようとする考えがないように見えます。

このトラブルをの中で、ヨッピー氏のインタビューには以下のようなことも書かれていました。

「ライターの同席」を断ってきたPCデポに対し、妥協案としてケンヂさんが「一人だとやはりPCやネットのことがちゃんと理解できるかどうか不安なので、 メディア関係者ではない別の知人の詳しい人間を同席させたい」という主張をしたのですが、PCデポ側は「胸襟を開いて話し合いをしたい為、第三者の同席は 認められない」という主張でした。その結果交渉は決裂。結局社長との話し合いの場は持たれませんでした。

ケンジ氏とヨッピー氏がPCデポ社長に対して、今回の件について説明を求めたが、社長側が難色を示したため、話し合いの場は未だ持たれないままです。

今回のトラブルの悪質な部分は、契約解除料の20万円の内訳も市場価格に比べて明確に高く設定されており(デジタル版東洋経済日経ビジネスの購読料及び技術料の残債が61,600円など)、その件についても全く言及されていないまま掲載されており、そもそもこのような記事を掲載したダイヤモンドオンラインについてもPCデポ側の肩を持つ形になっております。

 

そもそも論として、被害者側との話し合いの場が無いにもかかわらず、このようなインタビューをする社長には、今回のトラブルを解決する姿勢が読み取れませんでした。むしろトラブルが沈静化するまで待つという姿勢が明確に読み取れます。

 

そのような中でPCデポの株主であったケーズデンキが、同社の株を売却したようです。

www.nikkei.com

結論としましては、高齢者を狙って高額の金をむしり取る、詐欺のような手口を行う悪徳企業は、一刻も早く市場から駆逐されてほしいと思う次第です。