経世済民と羅針盤

経済もしくは経済学について勉強していきます。

日経新聞の「消費を知らないゆとり論」がかなりひどい。

日経新聞に以下の記事が載っておりました。

www.nikkei.com

 若者が消費低迷のやり玉にあがるのは、稼いだ額に見合うお金を使っていない面があるからだ。可処分所得は多くの年代で減少したが、30歳未満では99年から14年の間に逆に2%増えた。一方で消費が減った結果、貯蓄率は15.7%から30.9%へとほぼ2倍に高まった。全年齢平均の貯蓄率の上昇幅は5.8ポイントなので、若者がお金をため込んでいるように映る。

この筆者が述べる「可処分所得」とはどの統計を根拠に述べているのかわかりませんが、若年層の収入、特に年収は微妙に減少を続けております。

f:id:aoym123:20161031225539j:plain

正社員の平均年収442万円 「40~50代の年収減少」さらに顕著に | キャリコネニュース

ですので、年収が減少する限り、できる限り消費を抑え、貯蓄に励むことは若年層に限らず、全世代において行われている行動だと考えます。筆者が述べる「若者がお金を溜め込んでいるように見える」と言うのは、若年層だけを取り上げただけであり、単なる筆者の感想でしかないことがわかると思います。

そして一番ひどいのが以下の部分です。

日銀の黒田東彦総裁は21日、「デフレが長く続いたため、人々の予想物価上昇率が過去の物価上昇率に強く引きずられる傾向がある」と発言。日銀は物価目標に関し、実績ベースで「2%超を見るまで緩和を続ける」と約束して「期待」を刺激しようとしているが、“低体温”の若年層がカベになる可能性がある。

 この記事では政府の景気刺激策があっても、若年層が消費しないため、日本の景気のカベになると断言しています。それは本当でしょうか。

f:id:aoym123:20130415072745j:plain

個人金融資産 年齢層別(世代別)分布 と グラフ (2014年版) ( その他ビジネス ) - GOING EXTRA MILE - 英語を学ぶログ♪ - Yahoo!ブログ

家計金融資産とは「家計が持つ不動産・自動車・耐久消費財」などを指します。この図から見ればわかりますが、世代で分けてみると、日本で一番購買力がある世代は50歳から70歳までの高齢者であることわかると思います。

何がいいたいのかというと、「政府の景気刺激策が若者の嫌消費によって無駄になる」という主張は、そもそも若者は購買力もないし資産もないよねという一言で終わりになります。

結論を申しますと、若年層の消費行動を研究することは良いと思いますが、全く見当違いのことをさも当たり前のように述べるのは、さすが日経新聞といったところです。

 

追伸:「若者」という言葉は上の世代が下の世代に向けて使う言葉ですよね。「自分たち」を指す言葉として使うのは初めて見た気がします。

北海道新聞がJR北海道の廃線方針を批判している件について

おはようございます。今朝のニュースを見ると、北海道新聞にこのような記事が掲載されておりました。

dd.hokkaido-np.co.jp少し話題は変わりますが、JR北海道はここ数年に路線の点検不備や事故が多発しております。企業倫理から述べるのであれば、交通業界の企業においてこのような事故が多発することは許されるべきではないと考えます。
しかし、JR北海道国鉄からJRに移行するときに民営化し、公共交通を担いつつも企業として利益を出さなければならない立場におかれました。

ところが、札幌以外の地域は深刻な少子化が進んでしまい、乗客数も年々減少してきており、それが利益を出すのを難しくしております。

f:id:aoym123:20161028213546j:plain

JR北海道の第2四半期決算発表とローカル線の動向: いかさまトラベラー

とりわけ、本州とは違い道北などの地域は厳寒期になるととてつもない降雪量になるため、そのための除雪にかかるコストや、長い線路の維持費などを考えると、どうしても首が回らなくなってしまうのです。

私がいいたいのは、北海道で公共交通を担いつつ民営化した鉄道会社というのは、スタート時点でこのような結果になることはすでに予想されていたことですし、この件をJR北海道を批判するのは、どうしても納得がいきません。

法律違反を推奨する武蔵野大学教授。

f:id:aoym123:20161009143546p:plain

昨日の痛ましい事件から武蔵野大学の長谷川教授があまりにも無頓着なコメントを出したことが話題です。

togetter.com

引用します。

月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない。会社業務をこなすというより、自分が請け負った仕事プロとして完遂するという強い意識があれば、残業時間など関係ない。自分起業した人は、それこそ寝袋を会社に持ち込んで、仕事に打ち込んだ時期があるはず。更にプロ意識があれば、上司を説得してでも良い成果を出せるように人的資源を獲得すべく最大の努力をすべき。それでも駄目なら、その会社組織として機能していないので、転職を考えるべき。また、転職できるプロであるべき長期的に自分への投資を続けるべき。

驚くべきは彼が法律違反を推奨していることです。上記のリンクにもありますが、労働基準法36条において労働時間の延長限度は月45時間までと決められております。それを元経営者だった長谷川教授が知らないはずがありません。

正直このような痛ましい事故の後に、このような無頓着なコメントを出すとは正気を疑いたくなります。個人的にはこのようしばき体質を容認するような経営者、もしくは経営学者、過労死させる経営者の片棒を担いでいることをもっと自覚するべきだと思います。

この件に関してとても的確なツイートをしてらっしゃる方がいたので、最後に引用したいと思います。

 

 

畜生にも劣る電通の企業倫理。

f:id:aoym123:20161009075225p:plain

お疲れ様です。電通の社員が過労死したことで波紋が広がっています。

menhera.jp

電通は1991年に新卒社員を過労死させてから度々その企業体質が度々問題になってきました。

hitomoti.com

今回の事件で明らかになったことは、企業が一人の命を奪ったとしても、その企業体質は改善されず、また新たな犠牲者が発生したということになります。

正直、上記の記事を参照すると、セクシャルハラスメントよりもさらにひどい「性的な見返り」が要求されていることがわかります。そうした事実が真実であるのならば、もはや過労死事件とも呼べず、むしろ相手の意に反して性的な関係を要求する「強姦罪」を視野に入れた刑事事件の可能性すらあります。

被害者のツイートをさらに参照すると、同期の新入社員が同じ環境に置かれているようです。そうなってくると、この件は氷山の一角でしかないことがわかります。

今回の件で行政が何らかのアクションをしなければ、行政は労働問題を容認していることが明確になってしまいます。そうなってくると、あらゆる労働問題が放置状態となり、日本という国は「ブラック国家」になることでしょう。

追伸:電通が起こしたオリンピック裏金事件はまだ明らかになっておりません。個人的には日本に害悪しかもたらさないこの企業は一旦ガラガラポンした方が良いと思います。

江川達也の「君の名は。」評論もうんこ。

お疲れ様です。このような記事が掲載されておりました。

rocketnews24.com

引用です。

漫画家の江川達也氏が「プロの目から見ると全然面白くない」「作家性が薄くて売れる要素ばかりぶち込んだ、ちょっとライトな作品」などと酷評し

まず正さなければならないのは彼はもはやタレントであり、プロの漫画家ですらないということです。そもそも彼は何の「プロ」なのでしょうか、映画のプロではないことは確かです。彼は映画作品を製作しておりません。漫画のプロというのも間違いです。彼はそもそも人気のある漫画を製作したこともありません。

彼の発言の中でも「作家性が薄くて売れる要素ばかりぶち込んだライトの作品」と評論していますが、「売れる要素ばかりぶち込む」ことの何が悪いのかいまいちわかりません。売れる要素を映画にぶち込むのは、視聴者を夢中にさせる作品を創る上で必須です。さらに「作家性が薄い」という言葉も理解に苦しみます。背景見ろ。

これはあくまで個人的な意見なのですが、彼は炎上マーケティングをしたいのだと思います。彼はもはや漫画家としての能力は皆無ですので、タレントとして過激な発言をすることで注目を集め、自分の売り込みをしたいのだと予測します。

ぶっちゃけそのようなことを行うカテゴリのタレントに小林よしのりやくみつるがいますが、彼もまぁ似たような感じでしょう。とりあえず彼の炎上マーケティングに乗る必要はありません。徹底的に無視することが大事です。

 

岸博幸の「君の名は。」評論がうんこ

f:id:aoym123:20160910224445j:plain

君の名は。が大ヒットしていますが、あまりにも的外れな評論があったためここに記載しておきます。

diamond.jp

まずこの評論は「君の名は。」評論ではなく、「君の名は。を視聴する若者を評論した文章」であることを注意してください。

そしてこの文章の中でも特に疑問符が付く場所があります。

 しかし、同時に、アニメ業界の大家の人たちにこの映画の感想を聞くと意外と厳しい評価が多いのも事実です。その中でも気になるのは、「あれは映画 というより100分にわたる壮大なミュージック・クリップだ」という評価でした。個人的には、この言葉が問題の本質を的確に突いているように思います。

岸氏曰く、「君の名は。」はミュージッククリップであるそうです。そして、ミュージッククリップには、映画のような読解力は必要とせず、ミュージッククリップでは「気楽に見て気持ちよく感じる」ためにあると断言しています。

そして、ミュージッククリップを好む「最近の若者はスマホばっかり見ていてけしからん」というオジサン節が炸裂しています。

君の名は。」の大ヒットは、もしかしたら情報を受け身で流し読みするのに慣れ、またテキストの読み方が気楽で快適な“浅い読み”ばかりになったという世の中の変化を反映しているとも言えるのではないでしょうか。

(省略)

 ただ、もし「君の名は。」の大ヒットの一因として、スマホやネットの使い過ぎで多くの人の思考や行動が受け身になり、また“浅い読み”ばかりになっているとしたら、この部分はかなり深刻に憂慮しなければなりません。

最後には、「君の名は。」大ヒットの要因は「読解力が無い若者が主な視聴者層だから」という結論づけます。

そもそも映画って「気楽に見て気持ちよく感じる」ものじゃなかったっけ

タイトル通りですが、私はそもそも映画は「気楽に見て気持ちよく感じる」ものだと考えています。岸氏が例に出したジブリでさえ「カリオストロの城」や「となりのトトロ」は深い読解力は必要ありません。ぶっちゃけ深い読解力を要求しない映画の方がヒットしている印象さえ持ちます。

スマホを持つと読解力がなくなるの?

正直、岸氏のこの主張もかなりの疑問符です。スマホを持たないからといって読解力が上昇するとも思えませんし、むしろテレビの報道を鵜呑みにしてしまうような前の世代に比べると、情報のアクセスも多様化している若者のほうが多角的な見方があるように思えます。

結論:お前は「君の名は。」の何を見てたんだ!!!!!!

正直、岸氏のこの評論は内容が的外れであるのはもちろんの事、「君の名は。」をダシにして自分の言いたいことを好き勝手喋っただけの印象を持ちます。岸氏にはうんこのような批評を行うぐらいであれば、もう一度この映画を視聴し、ちゃんと「読解」して欲しいと思います。

 

人口減少社会突入によって「日本死ぬ。」

お疲れ様です。このような記事が話題になっております。

news.mynavi.jp

無能グラフ

教育費が増大しつつも、欧米などに比べて子育て支援政策が皆無な、日本の将来を知らしめた番組です。正直言いますと、社会学や経済学を勉強していた人たちは「何を今更」と思うかもしれません。よく人口減少について説明するときに使うグラフがあります。

f:id:aoym123:20160928205304g:plain

http://netgeek.biz/archives/32384

上記のグラフは日本の合計特殊出生率を年代別ごとに比較したグラフになっております。「合計特殊出生率」とは一人の女性が一生に産む子供の平均数のことです。日本政府は出生率が減少していることをグラフで理解しつつも、「出生率は上昇するだろう」という甘い予測が、さらに出生率の減少を加速させ、そして子育て支援政策の無策にもつながってしまいました。

傾向と対策

ではどうすれば良いのでしょうか、こちらもグラフを引用したいと思います。

f:id:aoym123:20160928210121g:plain

http://research.nttcoms.com/database/data/000811/

フランスは先進国の中でも少子化対策を行った国の中でも比較的良い結果を残した国です。具体的にどのようなことを行ったのかというと、公立学校の無償化や、子供が成人するまでの支援の金額が日本の4倍以上です。

日本に比べてわかりやすのが家族政策に費やすGDP比です。日本は0.6%に対して、フランスは2.8%投じております。ここから見えてくるのは少子化という目に見えている現実に、あまりにも無策な日本政府です。

まとめ

日本が先進国で一番少子高齢化に向かうのだから、日本はそのモデルケースとして活かしたいという声が上がっていますが、優先順位としてはまず人口減少を食い止めることを先にしてほしいと思います。「女性活躍社会」というスローガンのみが一人歩きするのではなく、子育て支援にしっかりと財源を拠出することが先決です。

でないと、本当に「日本死ね」ではなくて「日本死ぬ」になってしまいます。